夢はでっかく月収100万!大金を稼げる主婦副業を5つご紹介!

夢はでっかく月収100万!大金を稼げる主婦副業を5つご紹介!

はじめに

もしも今使うことのできる金額に加えて、毎月100万円ほど使うことができたなら…お金に苦しんだ時など一度は思ったことがあるのではないでしょうか?
一月に100万円も自由に使えたらブランド物のバッグに海外旅行など、およそ思いつくことで

できないことはないでしょう。私が思うに夢は夢のままにせず、自ら叶えにいく気持ちが大切です。
主婦の方が月に100万円を稼ぐというのは何も夢物語ではありません。

世の中にはそのような主婦の方が知られていないだけで大勢いるということです。
ここでは月に100万円稼ぐのも夢ではない、主婦の副業をいくつか紹介させていただきます。

1.アフィリエイトブロガーとして稼ぐ!

主婦が100万円稼ぐ可能性のある副業として、最も広く認知されているのがこのアフィリエイトブロガーではないでしょうか?
ちょっとしたIT知識と人を楽しませたいという気持ち、少しのアイディアで大金を稼ぐことのできるアフィリエイトブログを毎年1万人以上の人が初めているといわれています。

毎年1万人以上始めているアフィリエイトブログですが、実際に稼ぐことができるようになるのはそのうちのたった1%もおらず、殆どの人が収入を得ること無くやめていきます。
アフィリエイトブログで主婦が100万円を稼ぐなんて到底ムリな話だと思わたかもしれません。

しかし宝くじを当てる可能性と比べたらどっちが高いかわかりますよね?
何事も挑戦してみないことには始まらないのです。

2.チャットレディーでトップになる

チャットレディは女性にしかできない女性のための副業です。
カメラの前で少しお話をし、ちょっと肌を露出するだけで大金を稼ぐことができるので主婦に限らず多くの学生がチャットレディとして日夜働いています。

チャットレディは身バレのリスクが低いにも関わらず、非常に大きな金額を得ることができるのでいい意味でリスクリターンが吊り合っていません。
女性にしかできないお仕事の中でも最も可能性に満ちた副業であるといえるでしょう。

チャットレディの収入は平均月8万円ほどですが、そのチャットサイトのトップにもなれば月に100万円を稼ぐことも可能だといわれています。
男の人とお話するのが好きなのであればトップを狙ってみてはいかがでしょうか?

3.リスクを顧みない人にFX!

ハイリスクハイリターンを象徴する副業がFXです。主婦にかぎらず多くのサラリーマンが行っているFXは正に茨の道。
FXは基本的に元手が多ければ多いほど多くの金額を稼ぐことが可能です。

しかしレバレッジと呼ばれるものをかけることで少ない元手であっても大きな勝負をすることも可能です。
大きなリスクを犯してでも大金を今すぐ稼ぎたい!

そういった主婦に是非おすすめしたい主婦副業といえるでしょう。

4.ウェブプログラマー

もしもITに自信があるのであれば、ウェブプログラマーなんていかがでしょうか?

クラウドソーシングサービスとソーシャルゲームの両方が充実している今だからこそ可能な副業で、高いスキルを持っているのであれば月に100万円を稼ぐことだって夢ではありません。

専門性が高く、誰にでもできる仕事というわけではありませんがその分収入が高いことが特徴です。
ウェブプログラマーとして働いている主婦の方は意外なほど多く、勉強をすれば誰にでもできるということが分かっていただけるかと思います。

勉強が好きな人であればすぐにウェブプログラマーとして働くことができるようになるでしょう。

5.CADオペレーター

上で紹介したウェブプログラマーと同じく、こちらも非常に専門性が高い副業です。
CADを扱うのは決して簡単なことではなく、それなりの勉強が必要になりますが身につけてしまえばその専門性の高さから職に困るということがありません。

また、もしもその分野で優れた技術を習得することに成功したのであれば月に100万円を稼ぐことも夢ではないでしょう。
仕事量がそのまま収入に直結する、とてもわかり易いクリエイティブ職といえるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?専門性が高く、職を手につけるのが困難なものから主婦であれば誰でもできるものまで幅広く紹介させていただきました。
この中で最もオススメしたいのはチャットレディで、女性という性を活かして働くのであればこれ以上よい職業はないと私は考えています。

月に100万円稼ぐというのは簡単なことではありません。自らの性を切り売りしたり、生活を切り売りしたり、大きなリスクを伴う必要だってあるでしょう。
主婦副業で100万円を稼ぐことができる人というのは何かしらを犠牲にしている人であると言い換えることができるのかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ